お風呂設計.comが手がけた導入事例のご紹介

  • ホテル
  • 旅館
  • 温浴施設
  • フィットネスクラブ
  • 老人介護施設
  • 福祉施設

『お風呂設計.com』では、ホテル・旅館、温浴施設やフィットネスクラブに必ず必要となる「お風呂設備」、「温浴設備」について、新設や増設、そしてリニューアル至る、お風呂・温浴設備の専門プロデュースを行っています。
創業以来35,000件以上の「お風呂設備」、「温浴設備」の企画・設計から施工、そしてアフターメンテナンスまでトータルエンジニアリングでご提供させていただいてきました。お風呂・温浴設備のオーダーメード、カスタマイズも、ホテル・旅館、温浴施設やフィットネスクラブなどその業態や業種、そして機能を重視したい!見た目を重視したい!といったお客様のニーズに合わせてイチからプロデュースさせていただきます。

  • 会員制宿泊施設のお風呂新設の提案事例

    製品の解説

    <お困りごと>

    テナント改修で宿泊施設へのリノベーションを検討しているT社様よりお風呂の設計二関するご相談をいただきました。宿泊施設のT社様は「3tくらいのお風呂を作りたいのですが…」というご要望だけで、どのような設備が必要か・どの程度のスペース感が必要か・どの程度のイニシャルコストが掛かるのか検討もつかない状態でした。
    打合わせを進めていく中で、テナント改修という条件も相まって意匠面へのこだわりから、設備設置スペースや配管経路設計も変更せざるを得なくなりました。単純にお風呂に関する機器の選定だけで済めば簡単なのですが、今回は詳細な設備設計ノウハウが求められました。

     

    <提案結果>

    機器選定だけでなく、浴槽の材質・形状に合わせた金物選定や設置位置もご提案し、浴槽に澱みのない水流を実現させました。水位制御は圧力式水位センサーの採用で、水位電極の設置場所に悩む事もなく衛生管理にも配慮しています。都内施設での大浴場設置は衛生管理も厳しいので、自動で塩素濃度を調整してくれる薬注装置も導入。また、その調整している塩素濃度数値も、遠方の管理事務室でリアルタイムで確認することができる遠隔監視システムの導入も行いました。給湯器などの熱源設備も設置出来ない状況の為、放熱計算から保温用電気ヒーター仕様のろ過装置をご提案することで、保温とろ過を同時に行うことができます。
    都内一等地での会員制宿泊施設という事で、意匠・機能面に特化した内装・施設作りに重点を置きつつも、浴槽ろ過という必要設備も機能面を損なうことなく限られたスペースで納める事ができました。

    よくある導入シーン

    ホテル・旅館・温浴施設などお風呂の新設・増設・リニューアルを検討されている設備ご担当者様

  • ろ過装置の故障による緊急トラブルに対応しました!

    製品の解説

    <お困りごと>

     埼玉県の某老健施設様ですが、お使いいただいていた他社製のろ過装置が故障してしまいお風呂が使えなくなってしまうトラブルが発生しました。そのため、ろ過装置の更新が急務となっていました。


     また、「循環式浴槽におけるレジオネラ症防止対策マニュアル」にヘアキャッチャーがレジオネラ属菌の供給源とならないようにするためにヘアキャッチャーの清掃を毎日行う必要があると明記されています。既存のろ過装置ではろ過装置内部にヘアキャッチャーが組み込まれているため、清掃が困難となっており負担かかる作業となっていました。

     

     

    <導入効果>

     お風呂設計.comではろ過装置の在庫をご用意しているのに加えて、提案から設置工事まで行うことができます。そのため、お客様にろ過装置の更新をご決断をいただいてからスピーディーにろ過装置を設置することができました。
     また、設置後もメーカーならではの保守メンテナンスプランもご用意しているため、安心してろ過装置をお使いいただけます。
     更新するならば、ヘアキャッチャーの清掃が楽にできるものが良いというお声があったため、ヘアキャッチャーを清掃しやすい位置にとりつけてろ過装置を設置いたしました。その結果、以前お使いいただいていたろ過装置と比べて毎日の清掃がしやすくなり、作業時間の短縮につながりました。
     

    ※ろ過装置は在庫されているモデル・されていないモデルがあります。

    よくある導入シーン

    温泉・温浴施設・老人介護施設など、ろ過装置を使用する全ての施設

  • 弱酸性電解美肌泉(弱酸性電解水)装置導入による差別化事例

    製品の解説

    【導入前】

    旅館を経営されているR社様では、利用者へのより良い入浴サービスを届けるために、2tの檜(ひのき)浴槽を設置していました。更なるお客様満足度の向上を図るために、浴槽だけではなく浴槽水にも何か特徴を持たせて、他の施設と差別化したいと考えていました。
    また、お客様からの満足度向上と並行して、運用する旅館としても使い勝手のいい温泉にしたいという思いがありました。今までは、保温するためにお湯をかけ流して運用していたため、水道代及びガス代がかかっていました。また、大きな浴槽のため毎日の清掃作業もかなりの負担でした。

     

    【導入後】

    お客様から見て、「他の温泉では入ることのできない温泉がこの旅館では味わえる!」と思わせるため、弱酸性美肌泉(弱酸性電解水)装置を導入しました。これにより浴槽水が通常のものとは違う、美肌の湯に入浴がすることが出来るとPRすることができるようになりました。

    また、弱酸性電解水なので、今までよりも浴槽水が常にきれいに保たれており、他の施設よりも肌トラブルが少ないという声を職員の方からいただいております。
    浴槽水を常に衛生的に保ち、保温もすることができる弱酸性美肌泉を導入することにより、差別化もでき管理工数も大幅に軽減することが出来たので、非常に満足されていました。

    よくある導入シーン
  • 温泉を満喫できる浴室設備をまとめてご提案いたします!!

    製品の解説

    <お困りごと>

     元々は当該施設にお風呂をお持ちではありませんでした。
     建物の全面改修に伴い、お客様の満足度UPの為、お風呂を新設したいというご要望がありました。
     しかし、お施主様はじめ、工事関係の皆様もお風呂へろ過装置を設置した経験が無く、どのような設備が必要か全くわからないとのことでした。

     そこで、お風呂まわりの設備全般の設計のお手伝いもさせていただきました。
     イニシャルコストやランニングコスト、運用方法やお風呂の省エネ手法まで含めてご提案をさせていただきました。

     

    <導入効果>

     大きな浴槽が出来たことでお客様の満足度がUPしました。
     某有名温泉の源泉をタンクローリーで運んできて使用している為、
    利用者さまからは『本格的な温泉に来たようで大変満足』と大変好評です。

     泉質によってお風呂の最適な材質が異なりますが、今回そこまでご提案を差し上げました。

     

    よくある導入シーン

    ホテル、宿泊施設、温浴施設などお風呂の新設・増設時

  • 温泉熱を利用したボイラー補給水加温システムで大幅なお風呂の省エネを実現!

    製品の解説

    <お困りごと>

     静岡県熱海市のO温泉では、源泉温度が80℃以上で供給されており、温度調整は加水をして浴槽へ供給しておりました。熱海市の温泉は源泉量が豊富なため、本来は加水する必要がありません。しかし、源泉が高温すぎるため加水を行う必要があり、源泉100%での提供ができていませんでした。

     そのため、高すぎる源泉温度を利用して給湯コストを下げられないかと思っておりました。過去に、温泉熱を利用するために、架橋ポリパイプを源泉タンクに投げ込みボイラー補給水予熱で省エネを図ったこともありました。しかし、水漏れなどが発生し、メンテナンスが大変なため使用を中止することを余儀なくされてしまいました。

     調べてみると、同様の悩みを抱えている温泉も多いようですが、今回のケースのように温泉熱利用で投げ込み式(架橋ポリパイプやSUSフレキ管)を利用しても、メンテナンスが大変なため使用中止している現場は多く、どのようにすればよいか分からず頭を抱えていました。そんな時、本サイトを見て「ここに相談したら、解決方法を知っているかも?」と思いお問合せしました。

     

    <導入効果>

     相談したところ、シェル&チューブ式熱交換器で源泉とボイラー補給水を熱交換させるシステムをご提案いただきました。この熱交換器を導入する事で、浴槽へ掛け流しにする源泉温度を適温化をしながら、ボイラー補給水予熱をすることでボイラーの重油使用量を低減させることができるようです。
     もちろん、ボイラー補給水は時間帯により変動するため、シェル&チューブ熱交換器を直列に配置してバッファのタンクを設けて比例制御電動三方弁をPID制御、循環ポンプの運転制御をすることで源泉温度を安定的に適温補給して最大限にボイラー補給水予熱ができるシステムをご提案いただきました。

     実際に導入してみたところ、省エネ効果は絶大でした。導入し、ちょうど1年が経つので計算してみたところ、年間約3,300千円の重油使用量を削減することができました。ここまでお風呂の省エネが出来ると思っていなかったので正直びっくりしました。

     今後、お風呂の増設も検討しており、その際もご相談させて頂こうと思っています。

    よくある導入シーン

    源泉温度が高い温泉地 など

< 12 >
お問い合わせはお気軽に

お風呂設計.comをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
温浴施設やフィットネス施設への導入やメンテナンスのことなら、
「お風呂設計.com」にお任せください!

電話番号:048-653-2641
営業時間 9:00~17:00(土日祝日のぞく)
電話番号:048-653-2641
メールでのお問い合わせ
メールでの問い合わせ
pagetop