お風呂設計.comが手がけた導入事例のご紹介

  • ホテル
  • 旅館
  • 温浴施設
  • フィットネスクラブ
  • 老人介護施設
  • 福祉施設

『お風呂設計.com』では、ホテル・旅館、温浴施設やフィットネスクラブに必ず必要となる「お風呂設備」、「温浴設備」について、新設や増設、そしてリニューアル至る、お風呂・温浴設備の専門プロデュースを行っています。
創業以来35,000件以上の「お風呂設備」、「温浴設備」の企画・設計から施工、そしてアフターメンテナンスまでトータルエンジニアリングでご提供させていただいてきました。お風呂・温浴設備のオーダーメード、カスタマイズも、ホテル・旅館、温浴施設やフィットネスクラブなどその業態や業種、そして機能を重視したい!見た目を重視したい!といったお客様のニーズに合わせてイチからプロデュースさせていただきます。

  • 運用方法を変えることなく大浴場設備を更新出来た老舗旅館様

    < 導入前 >

    弊社は施設の設備管理をしており、管理している旅館様で全館リニューアルに伴い

    大浴場の濾過循環設備も併せて更新する計画がありました。

    由緒ある古い建物を旅館として作り変えた施設で、設備もこれまでにも何度か更新の機会があったようでした。

    ですがその設備も古くなってきており、最大の目玉である温泉を使用した内風呂の大浴場・露天風呂も、

    古い設備のままでは本来の魅力が宿泊される方々に伝わらなくなってしまいます。

    旅館様に設備改修のご提案をしようにも、古い機械でメーカーも対応しなくなっている状況でした。

    改修するにも既存設備とも連携させる必要があるので、

    既存設備についても細かく調べてもらってどう改修するべきかを提案してもらいたいと思い、問い合わせしました。

     

    < 導入後 >

    設備が老朽化していても、お客様施設の運用はそれで最適化されていることもあり、

    施設の運用方法・スタッフのオペレーションを変えることも難しい場合が多く、

    今回もそのケースでした。

     

    お風呂設計.comでは施設建設当時に導入された古い制御盤も確認しました。

    もともと清掃時には、機械室ではなく脱衣所にあるスイッチ一つで設備を停止していたとのことだったので

    今回の更新では機械室側のろ過設備の仕様をもとの設備に合わせることで

    お客様が実際に操作するスイッチ側は変更せず、ストレスなく運用できるようにしました。

     

    温泉も使用されていたので、温泉成分分析表も確認し、

    十分なろ過能力があることに加えて温泉の水質に合った材質の機器を選定しました。

     

    既存の設備を活かしながら古い部分を更新することができ、

    投資コストも最小限に抑えた更新となりました。

    運用方法も以前と変わらなかったので旅館の担当者の方々も安心して運用でき、

    新鮮な温泉設備で宿泊者の方々をお迎えできているとのことでした。

  • 導入コストを抑えた設備でも、衛生的な水風呂を実現出来たサロン様

    < 導入前 >

    今回新しく都心の一等地にあるビルテナントを買い取りリニューアルし、

    エステサロンをオープンするという計画をしていました。

    エステサロンに関してのノウハウは持っており、ユーザー様に美容と健康・癒しをお届けするための技術な何でも取り入れようと考えていました。

    その中で、サウナサウナの効果を最大限発揮するための水風呂を計画。

    どちらもあまりノウハウがなく、そのどのように計画していけばよいのかよく分かりません…。

    エステサロンとしてのサービス(スタッフ教育や空間づくり等など)にも予算を割かなければならない状況で、設備の導入コストは出来るだけ抑えたいがどうすればいいのか、何も分からない状況での問合せでした。

    < 導入後 >

    どちらもセットになりやすい設備ですが、意外に両方を一挙にご提案可能な業者は少ないもの。今回も、これまでの実績の中で生まれた各方面のプロの業者様とのつながりを生かしてのご提案となりました。

    サウナ設備は今回ドライサウナのご提案を協力業者様に依頼。

    水風呂は“水風呂の上澄みだけを定期的に取り除き、運用・初期導入コストも最小限に抑えた設備”をご提案。塩素滅菌機能も併せる事で、循環濾過をしなくとも衛生的な水風呂を実現できます。

    施工までお任せ頂いたことで設置スペースも極めて限られた範囲で施工が済み、

    エステサロンという“ユーザー様にサービスをご提供するエリアを最大限確保したい”という要望にもお応えできました。

    簡易的ながらも、ユーザー様に充実のサービスをご提供するのに一役買う設備が整い、大変ご満足頂けました。

     

    事例の詳細はこちらから!

  • 人工温泉化ユニット導入で他社との差別化に成功したホテル様の事例

    < 導入前 >

    弊社が展開している施設業態は、一般ユーザには“簡易的な宿泊施設”として認知度されているカプセルホテルです。

    今、大都市圏やその周辺エリアでは数多くの業者が宿泊施設を展開しています。

    ひとえに宿泊施設と言っても多くのタイプがあり、富裕層まで利用するような高級志向のホテルから、

    単に宿泊サービスだけを提供し代わりに安価な予算に抑えた施設まで多種多様。

    近年は宿泊業界にも異業種から算入される業者増えてきており、まさに市場は群雄割拠な状況です。

    その中で弊社は”簡易な宿泊施設”というカプセルホテルの既成概念を変え、他とは一線を画すサービスをご提供して差別化を図り、

    お客様に新しい価値を提供したいと考えておりました。差別化できる場所として、お風呂を充実させてはどうかと思い、お風呂設計.comへ問い合わせました。

    < 導入後 >

    今回のお客様施設はお風呂に特化した施設を実現したいということでした。

    もともとのお風呂としては男女とも内風呂と露天風呂を備えているという一般的な形式。

    温泉が使用できる環境でもない中で「これ!」という特徴を出し差別化を図るのはなかなか難しい状況です。

    そこで今回は、温泉を使用しなくても、循環濾過と組み合わせてお風呂に付加価値を付けられる「人工温泉化ユニット」をご提案しました。

    国産の天然鉱石であり、医薬部外品の入浴剤としても承認されているトゴール鉱石を採用し、

    単純に「これを使えば人工温泉になりますよ」というだけでなく、

    しっかり人工温泉としての価値を出すために石の使用量等も含めてご提案しました。

    設備計画から設置検討、管理・運用方法までのトータルサポートにより、特殊な設備ながらも、

    省スペースかつ日常管理も最低限の点検だけで済む手間の掛からないシステムの導入となりました。

    露天風呂と温泉のような内湯。

    本物の温泉はなくともしっかりと特徴を持ったお風呂になりました。

    従来のカプセルホテルにはない快適性を生み出し、宿泊者の方々からも「こんな快適な大浴場があるカプセルホテルは初めて!」

    「カプセルホテルなので宿泊できればいいかなくらいに考えていたけど、とても良いお風呂で快適だった」といった嬉しい声を多数頂いているとのことでした。

     

    事例の詳細はこちらから!

  • ホテル客室の限られたスペースを有効利用し露天風呂を増設しました。

    < 導入前 >

    当ホテルでは、お客様への新たなサービスとして客室に露天風呂を新設しようという計画がありました。

    近隣施設の経営者仲間からも、内湯の家族風呂を増設したという話も聞いたことがあり、

    給湯での湯張り+電気ヒーターでの保温というシステムで納めたということを聞いていました。

    しかし今回増設を計画しているのは露天風呂。おそらく電気ヒーターでは厳しいよ、という助言をもらいました。

    大容量のヒーターを導入しようにも、それほど受電容量に余裕はありません。

    客室個浴なので小さいですが、露天風呂の温度管理をできるような良い設備はないか悩んでおり、お風呂設計.comへ問い合わせました。

    < 導入後 >

    大きくない浴槽ではありましたが、放熱試算の結果、やはり現状の受電容量内では電気ヒーターによる温度管理はできません。

    そこで今回は、いわゆる家庭用電源と同じ単相100Vの電源で動作し、かつ大きな放熱でも問題ない熱交換器を組み合わせたコンパクトなろ過装置をご提案。

    もともと給湯設備・能力には余裕があるということで、そのお湯の一部を浴水保温用の熱源として一部活用。

    コンパクトなろ過装置と熱交換器とを組み合わせた浴槽設備提案により、給湯の有効活用も出来ました。

    露天風呂の温度管理に必要な保温能力も十分あり、ろ過装置で温度管理制御もすべて行えるようになりました。

    しかもろ過装置自体がコンパクトなので、機器レイアウトや配管計画・施工も自由度が高く、全体としてもスッキリしたシステムに。

    完成した露天風呂はとても趣のあるお風呂になり、ホテルの客室個浴にぴったりのお風呂ができました。

    限られた条件・スペースでの露天風呂の新設でしたが、現状の受電容量内で温度管理もできるようになり、とても満足していただけました。

     

    事例の詳細はこちらから!

  • 既存のジャグジーバスの大浴場を使いやすく改修しました!

    < 導入前 >

    箱根にある自社の保養所には大浴場があり、温泉の浴槽と、温泉は使用していない代わりにジャグジーバスになっている浴槽の2種類を用意していたのですが、ジャグジーバスの設備が故障してしまい、使用できなくなってしまいました。

    原因もわからなかったので専門的なところにお願いしたいというのと、ジャグジーバスを使用するときに機械室まで行ってスイッチをオンオフしなければならないという使いづらさも何とかしたかったので、お風呂設計.comに相談しました。

    < 導入後 >

    こちらの施設で使用しているジャグジーバスは、肩や腰に勢いのある水流を当てマッサージ効果などもある「ジェットバス」と、お風呂の底面から気泡を発生させ全身へのマッサージ効果・温浴効果が期待できる「バイブラバス」を組み合わせた、いわゆるスーパー銭湯などにある本格的なアトラクション風呂でした。

    ジャグジーバスの設備は本来使用しないはずの温泉が入ったことで故障していたので、気泡を出すバイブラマットから気泡を発生させるためのブロアーポンプジェットバス用の水流を強める専用のノズル水流の強さを左右するジェットポンプなど、お客様の求める性能を発揮できるよう、トータルで設備機器を選定しました。

    また、これまではジャグジーバスを使用する際は“機械室まで行ってスイッチをON、止めたいときもスイッチの所まで行ってOFF”という完全手動での運用でしたが、更新する循環ろ過装置に専用の制御機能をつけ、タイマーで全自動運転できるようになりました。個別に運転制御もできるように改善し、ろ過装置が停止した場合は設備の運転を停止させる制御もつけたので、全自動運転でも安全に運用できると喜んでいただけました。

     

    事例の詳細はこちらから!

< 12 3 4 5 6 >
お問い合わせはお気軽に

お風呂設計.comをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
温浴施設やフィットネス施設への導入やメンテナンスのことなら、
「お風呂設計.com」にお任せください!

電話番号:0120-026-264
営業時間 9:00~17:00(土日祝日のぞく)
tel:0120-026-264
メールでのお問い合わせ
メールでの問い合わせ
pagetop