お風呂設計.comが手がけた導入事例のご紹介

  • ホテル
  • 旅館
  • 温浴施設
  • フィットネスクラブ
  • 老人介護施設
  • 福祉施設

『お風呂設計.com』では、ホテル・旅館、温浴施設やフィットネスクラブに必ず必要となる「お風呂設備」、「温浴設備」について、新設や増設、そしてリニューアル至る、お風呂・温浴設備の専門プロデュースを行っています。
創業以来35,000件以上の「お風呂設備」、「温浴設備」の企画・設計から施工、そしてアフターメンテナンスまでトータルエンジニアリングでご提供させていただいてきました。お風呂・温浴設備のオーダーメード、カスタマイズも、ホテル・旅館、温浴施設やフィットネスクラブなどその業態や業種、そして機能を重視したい!見た目を重視したい!といったお客様のニーズに合わせてイチからプロデュースさせていただきます。

  • 主電源設備などの周囲環境にも配慮した総合的な濾過設備提案が重要です。

    製品の解説

    【問合せ以前】

    弊社運営のデイサービスではご利用者様へ提供するサービスの一環でお風呂をご用意しています。多くのご利用者様にご入浴頂きたいという思いもあり、比較的広い幅2m×奥行1.6m=3.2平米、2000L弱の大きさのお風呂です。

    ですが、大きなお風呂にすると機能面では劣ってしまうケースも多いのか、初期投資との兼ね合いもあり“追い炊き機能”を持たない形のまま開業をしてしまいました。

    ご利用者様のお風呂利用時間を確保せねばならない事もあり、結果として、お湯が冷めないようぬるくなる前に熱めのお湯をその都度投入する運用方法に。これには水道代と給湯用の燃料費が嵩むこと、加えて人手での温度調整が難しく手間が掛かるなどいくつもの課題がありました。

    そこで、せめて温度管理だけでも自動で出来ないものかと思い問合せをしました。

     

    【ご提案】

    お問合せの段階でのご要望は「お風呂の温度管理を自動化したい」という1点でしたが、お客様へのヒアリングの中で別の課題も浮かび上がってきました。

    単純に保温だけを自動化した場合、温度管理が自動化される管理の手間が減るお風呂の管理に気を使わなくていいお湯を使い続けられる、となります。

    つまりはお湯を使い続けられること』により『お湯を清潔に保つことも同時に実現する必要が出てくる訳です。詳しく伺うと、確かにご利用者様からも「お風呂利用時間の最後の方はあまりお湯が綺麗じゃない…」という声が実際に挙がっていたようでした。

    こうした課題に対し保温機能を持つ循環ろ過設備を提案するのは一般的。ですが今回は、お客様施設ならではの問題も浮かび上がってきました。

    それがお風呂の温度管理に使用する“熱源”・“電源”の問題でした。

    保温に特化したご提案では電気ヒーター搭載の濾過設備をご提案することが多いのですが、お客様施設のような大きなお風呂の場合は、その放熱分を賄う為に電気ヒーターの容量も大きくなりがち。

    その場合、三相200V電源という業務用の電源が必要な事が多いのですが、お客様施設自体がそもそも三相電源を使用しない運用方法だった為、一般的なご提案に必要な主電源が無い状態。予算の問題もあり、とても建物の電源設備まで改修するという大規模な投資は出来ない状況でした。ガスなどの化石燃料由来の給湯設備と併せた熱交換器搭載の濾過設備もありますが、今度はその給湯設備を新たに設置するスペースの問題や施工費が増大するという問題も出てきます。

    そこで今回は、ご提案の濾過設備自体を特注仕様に改造。単相電源でも使用でき、かつ大きなお風呂の保温もできる容量の電気ヒーターを搭載した濾過設備をご提案いたしました。。

    もちろん電気ヒーターは濾過設備内蔵でコンパクトな設計。施工も併せてお任せ頂く事で、既存建物でいわゆる機械室がない環境でも、最小限の投資で濾過設備を導入頂けました。

     

    【導入後】

    一番のご要望だった「お風呂の温度管理を自動化したい」はもちろん解決。

    他にも、今までは毎日お湯を張り替え・清掃をする作業が必要でしたが、その手間が一週間に一度の浴槽清掃だけで済むように。加えて、朝早くからお湯張りの為だけに出勤しなければならなかったというスタッフの方も、温度管理を自動で行なってくれる濾過設備のおかげで、その作業負担が大幅に削減されて助かったと仰っていました。

    ご利用者様のニーズでもあった「綺麗なお湯のお風呂」も、いつ入浴しても綺麗なままのお湯を楽しめる環境が実現されたのですが、更なるお声も。

    実は今回ご提案した濾過設備には濾材として麦飯石を搭載しています。麦飯石は中国古来より「薬の石」として用いられてきた石英斑岩の一種で、お湯に浸漬させる事で石由来のミネラル分がお湯に溶出されて、美容と健康にいいお風呂になると言われている物です。

    医薬品などのように傷が治るなどの効果はありませんが、それでもお風呂が改修されてからお湯が柔らかくなった」「湯上りのさっぱり感というか肌触りが変わったといった評判の声が、ご利用者様の大半から挙がってきたとご好評頂いているようです。

    当初のご要望であった「お風呂の温度管理」だけでなく、施設スタッフの負担軽減やご利用者様の満足度向上にまでつながり、お客様には大変ご満足頂けました。

     

    よくある導入シーン
  • メーカーが修理対応していない古いろ過装置を既存設備を利用しながら更新した事例

    製品の解説

    【導入前】

    山梨県にある保養施設ですが、建設から20年以上経過しており、浴槽のろ過装置もかなり古くなっていました。男風呂、女風呂があるので、浴槽とろ過装置も2つずつあったのですが、そのうちの1つが故障してまったく動かなくなってしまいました。メーカーに問い合わせてみましたが、古い機器なので修理対応もできないという回答で困っていました。導入時は設置工事も含めてすべてメーカーにお願いしていたので、かわりに更新からアフターフォローまで一括でやってもらえるところを探しました。既存浴槽設備の把握(配管等はどこまで使用できるか、配線は既存のものを利用できるか、等)や機器の使用確認・納まりの確認も含めてお願いしました。

     

    【導入後】

    浴槽寸法からの放熱試算と電源容量確認などから保温用ヒーターを選定しました。既存の配管も使用可能でしたが、長年使用していたため、衛生上の懸念もあり配管の洗浄作業も同時に行うことになりました。配線も使用可能なことがわかり、既存設備をかなり利用できたため、施工費削減・工期短縮に繋がりました。
    また工期も既存設備の撤去を含めて半日も掛からず全作業を終え、その日中に浴槽を使用可能な状態にできました。お風呂はオゾン殺菌機能付きになっており、その殺菌機能を使用するときに出る“ジェット風呂”のような水流も、スパ施設のようだと非常に好評でした。いまは保養所という扱いですが、お客様にも「せっかくお風呂の設備も改修したので、ゆくゆくは民宿にでもしようか」と言っていただけるほど満足いただけました。

    よくある導入シーン
  • 風光明媚な露天風呂と、ジェットバス機能の付いた檜風呂

    製品の解説

    【導入前】

    建築設計事務所様からのお問合せがありました。人が頻繁に入る訳では無く、入浴時間も長い訳ではないがジェットバス機能は付けたいのだけど、なにをどうすればいい?という内容でした。
    お風呂設計ドットコムでは循環ろ過設備の設計協力・導入事例が多いですが、今回のような付帯設備だけのご要望にも幾多、お応えしてきました。
    白湯で露天、檜浴槽という所までヒアリングをしましたが、ジェットバス機能はお客様から急に出てきたご要望との事で、完成間近の建築図面には機器設置スペースがない状態でした。

     

    【導入後】

    室内間取りも変更が効かないという状況でした。そこで檜浴槽メーカより、ある程度型の決まった既成浴槽では無く、一部造作可能なオリジナル浴槽をしつらえる形を取り、そこに機器スペースを設けて頂くよう提案しました。狭いスペースでの設置・配管取り回しが要求されるため配管系統図もこちらで引き、施工業者も交え複数回打合せを実施しました。
    ジェットノズルも、入浴される方が最も心地よいであろう数・レイアウトで設計・提案をしました。
    また、いつでもジェットのON/OFFが出来るように、手元防水スイッチとの連動制御も実現することができました。
    完成形としては、やはり檜浴槽という事で見栄えの良い、景色に合った露天風呂が完成し海の見える高台という最高な立地で、しかも檜の露天風呂でジェット付きです。
    お客様にもご満足頂ける仕上がりとなりました。

    よくある導入シーン
  • 中水熱利用でお風呂の給湯コストを大幅削減!!

    製品の解説

    【導入前】

    札幌市でホテルを経営しており、お風呂の給湯にはボイラを使っていました。燃料代がかなりかかっていたので省エネしたいと思いヒートポンプを検討しましたが、一般的な空冷式ヒートポンプだと外気温が低すぎて運用が難しく、導入できませんでした。

    そこで、中水と呼ばれるトイレ用の水をためている貯水槽から熱をとる水冷式ヒートポンプを導入し、省エネできる方法を紹介してもらいました。もともとあったトイレ用の貯水槽を利用して70℃の温水を生成することができるようになり、ボイラへの給水温度が上がったことで、しっかり省エネできました。

     

    【導入後】

    こちらのホテル様では、水冷式ヒートポンプの導入で、15℃程度だったボイラの給水温度を70℃に引き上げることができました。もともとあったトイレ用の水から熱を取り出しているので省エネ効果は高く、年間燃料代を約160万円、53%削減できました。

    夏場に中水の温度が上がりすぎることも防げるため、「トイレの匂いが気になる」という従来のビルであったクレームもなくなったとのことです。

    よくある導入シーン
  • 井水熱利用でお風呂の給湯コストを大幅削減!!

    製品の解説

    <お困りごと>

    ヒートポンプ給湯機は従来のボイラーと比べると非常に効率が良く、大幅なランニングコストの削減が可能ですが、一方で、イニシャルコストが非常に高いというデメリットもあります。そのため、導入前にお客様にとって導入メリットがあるのかどうかをしっかりと比較することが大切です。スポーツクラブのY社様も本当にメリットが出るのか半信半疑でしたが、導入後のランニングコスト比較等を行い、メリットを丁寧にご提案させていただきました。

    ヒートポンプには空気熱源方式・水熱源方式の2つのタイプがあります。空気熱源方式のヒートポンプ給湯機の場合、冬場に外気温度が下がると効率も低下してしまいます。しかし水熱源方式の給湯ヒートポンプであれば熱源が水なので、空気熱源方式と比較して年間を通して高効率運転が可能です。お風呂設計.comでは水熱源方式をラインナップしているので、年間を通じて安定的に高効率運転が可能な水熱源方式の給湯ヒートポンプを導入頂きました。

     

    <導入効果>

    施設がオープンし、光熱費の支払いがあった時点ですぐにメリットを実感していただきました。
    また、燃料価格の高騰が世間を騒がせたときにも慌てることなく運用できた点は経営者の観点から非常にありがたかったと大変感謝されました。導入前は半信半疑だったお客様が今では導入検討中のお客様の現場見学にも協力してくださるようになっていただけました。

    よくある導入シーン
< 12 3 4 5 >
お問い合わせはお気軽に

お風呂設計.comをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
温浴施設やフィットネス施設への導入やメンテナンスのことなら、
「お風呂設計.com」にお任せください!

電話番号:0120-026-264
営業時間 9:00~17:00(土日祝日のぞく)
電話番号:048-653-2641
メールでのお問い合わせ
メールでの問い合わせ
pagetop