お風呂設計.comが手がけた導入事例のご紹介

  • ホテル
  • 旅館
  • 温浴施設
  • フィットネスクラブ
  • 老人介護施設
  • 福祉施設

『お風呂設計.com』では、ホテル・旅館、温浴施設やフィットネスクラブに必ず必要となる「お風呂設備」、「温浴設備」について、新設や増設、そしてリニューアル至る、お風呂・温浴設備の専門プロデュースを行っています。
創業以来35,000件以上の「お風呂設備」、「温浴設備」の企画・設計から施工、そしてアフターメンテナンスまでトータルエンジニアリングでご提供させていただいてきました。お風呂・温浴設備のオーダーメード、カスタマイズも、ホテル・旅館、温浴施設やフィットネスクラブなどその業態や業種、そして機能を重視したい!見た目を重視したい!といったお客様のニーズに合わせてイチからプロデュースさせていただきます。

  • 病院の患者様用のお風呂に弱酸性電解水を使用し、衛生的なお風呂を実現した事例

    < 導入前 >

    当病院では患者様用に3,000ℓ程度の一般浴を設けております。循環ろ過設備も導入しておりましたが、老朽化に伴い設備更新を計画しておりました。

    患者様がメインで入浴されるので、衛生管理面に関しては特に気を遣っています。

    塩素管理は一般的な次亜塩素酸ナトリウム(ソーダ)を使用して行なっていましたが、患者様も多様で、その日ごとに肌の調子も異なるため塩素が肌の刺激になるなどの声が上がっていました。

    次亜塩素酸ナトリウム(ソーダ)による塩素管理以外でお風呂の衛生管理に役立つものがないか調べていくと、お風呂のお湯自体を「電解水」に変えるという装置を見つけました。

    「電解水」は殺菌効果が高く、病院の手術用具の殺菌や手指消毒などでも使用されていることを知っていたので

    お風呂の水自体が、電解水の中でも高い殺菌作用がある「弱酸性電解水」に変わるということに興味をもち、お風呂設計.comに問い合わせました。

    < 導入後 >

    一般的に、循環ろ過の配管内は、長年使用してくるとヌメヌメ(バイオフィルム)が溜まりレジオネラ属菌繁殖の温床となっていきます。

    今回導入した「弱酸性電解水」の装置によって既存配管内に付いたヌメヌメも取れて綺麗になり、水質検査でもレジオネラ属菌が検出されないという、非常に衛生的な環境が実現できました。

    また、お風呂のお湯が人の素肌環境に近い「弱酸性」になったことで、湯上りのカサつきがなく、スベスベ感があります。塩素による刺激も減って「以前よりも入浴の時間が楽しみになった」と喜びの声も頂けたと伺いました。

    患者様からの反響が想像以上のものだったので、患者様の入浴時間終了後に職員の方々にもお風呂を開放したところ、職員の方々からもお湯の肌触りや入浴後の肌のスベスベ感を評価いただきました。

    大変なお仕事の中でも、大きなお風呂で素晴らしいお風呂に入れて疲れが取れると、感謝の声を頂きました。

    いままでと全く違う、新しい特徴を持つ設備ということもあり、導入計画に際しても綿密な打合せを実施しお客様からも、実際に入浴される患者様からもとても満足していただけました。

  • 浴場の衛生管理を自動化してレジオネラ対策した事例

    < 導入前 >

    浴場設備の老朽化から更新を検討していました。

    更新を考えていた時期に、ニュースで公衆浴場でのレジオネラ症事故を見る機会があったのですが、

    ニュースでは亡くなられた方もいたという報道もあって不安になり、せっかく浴場設備を更新するのだから安心して使える設備にしたいと考えました。

    普段も浴場の清掃には気を配っており、特段汚れはなく十分清潔を保てていたと思います。

    シャワーヘッドも塩素にて消毒を行っていました。

    浴水については、塩素錠剤を入浴開始前に投入し残留塩素濃度を管理していましたが、入浴人数は日によって異なるので、濃度は不安定だったかもしれません。

    安心して使える設備にするためにはどうすればいいのか、現状を見て提案してもらいたいと思い、

    お風呂設計.comに問い合わせました。

    < 導入後 >

    まず既存設備を見て、菌の温床となっている部分がないかを調査しました。

    ろ過装置で浴水を循環させるにあたって、流れが淀んでいる箇所があると塩素殺菌が行き届かず、菌の発生の可能性があります。

    金物選定と取り付け位置を確認し、しっかり浴水全体が淀みなく循環するようになりました。

    また、水位を電極で検知し、自動で湯はりを行うレジオネラ属菌の発生を防止するには、日々の残留塩素濃度管理が重要です。

    今までは錠剤を人の手で投入していましたが、ろ過装置に塩素の自動注入装置を合わせて設置し、

    さらに塩素濃度センサーを導入して、残留塩素濃度を常に一定に制御する仕組みになりました。

    塩素注入を自動化したことで、従業員さまの毎日の手間がなくなりとても喜んでいただけました。

     

    ~衛生管理の手引きをご用意致しました~

     無料ダウンロードはこちらから!

     

  • 迅速かつ丁寧な対応により、大浴場運用上の不具合を解決できたデイサービス様

    < 導入前 >

    当社が山形県は酒田市で運営しているデイサービスセンターでは、大浴場が非常に利用者様に高評価を頂いています。

    運用が始まってはや数十年、過去に1度更新した設備も既に15年以上が経ちあちこちに不具合が出ていました。

    部品や配管に修繕が必要なだけでなく、使用している砂ろ過機から出る排水が冬季になると凍結し、

    スタッフが滑って転倒、怪我をするといった事態も発生していました。

    しかし、導入機器メーカーに問い合わせても「県内にサービス店が無く、遠方なので即対応は難しい」などと言われ

    定期的なメンテナンスも案内してもらえない等、困り果てていた中でお風呂設計.comに問合せをしてみました

    < 導入後 >

    今回のユーザ様は、何よりも迅速な対応が出来る、何かあった時に頼れる・安心できるメーカを採用したい、

    という事が最大のご要望でした。

    お風呂設計.comからご提案は、規模を問わず様々な業者様のご協力により全国にネットワークに

    支えられている事で、ユーザ様には安心をお届け出来ます。

    定期メンテナンスにおいても余計な遠方出張費用なども発生せず、かつ何かあればすぐに伺える体制を評価頂けて、

    メンテナンス契約の締結もより確かな安心へと繋がっています。

    また、冬季の排水凍結問題やユーザ様へのヒアリングの中で発覚した、大浴場運用時に天井裏の配管内から

    音が発生しご利用者様からクレームとなっていたという件も、細やかな現場調査と機器選定、

    施工業者との調整により、音の発生しない環境へと改善出来ました。

     

    何よりも丁寧な対応がユーザ様からの信頼へと繋がり、本業の施設運営に最大限力を注げると評価を頂けています。

     

    事例の詳細はこちらから!

  • 主電源設備などの周囲環境にも配慮した総合的な濾過設備提案が重要です。

    < 導入前 >

    弊社運営のデイサービスではご利用者様へ提供するサービスの一環でお風呂をご用意しています。多くのご利用者様にご入浴頂きたいという思いもあり、比較的広い幅2m×奥行1.6m=3.2平米、2000L弱の大きさのお風呂です。

    ですが、大きなお風呂にすると機能面では劣ってしまうケースも多いのか、初期投資との兼ね合いもあり“追い炊き機能”を持たない形のまま開業をしてしまいました。

    ご利用者様のお風呂利用時間を確保せねばならない事もあり、結果として、お湯が冷めないようぬるくなる前に熱めのお湯をその都度投入する運用方法に。これには水道代と給湯用の燃料費が嵩むこと、加えて人手での温度調整が難しく手間が掛かるなどいくつもの課題がありました。

    そこで、せめて温度管理だけでも自動で出来ないものかと思い問合せをしました。

    < 導入後 >

    【導入後】

    一番のご要望だった「お風呂の温度管理を自動化したい」はもちろん解決。

    三相200V電源という業務用電源が必要な事が多いのですが、お客様施設自体がそもそも三相電源を使用しない運用方法だった為、一般的なご提案に必要な主電源が無い状態。ご予算の問題もあり、とても建物の電源設備まで改修するという大規模な投資は出来ない状況でした。ガスなどの化石燃料由来の給湯設備と併せた熱交換器搭載の濾過設備もありますが、今度はその給湯設備を新たに設置するスペースの問題や施工費が増大するという問題も出てきます。

    そこで今回は、ご提案の濾過設備自体を特注仕様に改造。単相電源でも使用でき、かつ大きなお風呂の保温もできる容量の電気ヒーターを搭載した濾過設備をご提案しました。

     

    結果的に、温度管理はもちろん、今までは毎日お湯を張り替え・清掃をする作業が必要でしたが、その手間が一週間に一度の浴槽清掃だけで済むように。加えて、朝早くからお湯張りの為だけに出勤しなければならなかったというスタッフの方も、全自動の温度管理機能を持つ濾過設備のおかげで、その作業負担が大幅に削減されて助かったと仰っていました。

    ご利用者様のニーズでもあった「綺麗なお湯のお風呂」も、いつ入浴しても綺麗なままのお湯を楽しめる環境が実現されたのですが、更なるお声も。

    実は今回ご提案した濾過設備には濾材として麦飯石を搭載しています。麦飯石は中国古来より「薬の石」として用いられてきた石英斑岩の一種で、お湯に浸漬させる事で石由来のミネラル分がお湯に溶出されて、美容と健康にいいお風呂になると言われている物です。

    医薬品などのように傷が治るなどの効果はありませんが、それでもお風呂が改修されてからお湯が柔らかくなった」「湯上りのさっぱり感というか肌触りが変わったといった評判の声が、ご利用者様の大半から挙がってきたとご好評頂いているようです。

    当初のご要望であった「お風呂の温度管理」だけでなく、施設スタッフの負担軽減やご利用者様の満足度向上にまでつながり、お客様には大変ご満足頂けました。

     

    事例の詳細はこちらから!

  • ろ過装置の故障による緊急トラブルに対応しました!

    < 導入前 >

     埼玉県の某老健施設様ですが、お使いいただいていた他社製のろ過装置が故障してしまいお風呂が使えなくなってしまうトラブルが発生しました。そのため、ろ過装置の更新が急務となっていました。


     また、「循環式浴槽におけるレジオネラ症防止対策マニュアル」にヘアキャッチャーがレジオネラ属菌の供給源とならないようにするためにヘアキャッチャーの清掃を毎日行う必要があると明記されています。既存のろ過装置ではろ過装置内部にヘアキャッチャーが組み込まれているため、清掃が困難となっており負担かかる作業となっていました。

    < 導入後 >

     お風呂設計.comではろ過装置の在庫をご用意しているのに加えて、提案から設置工事まで行うことができます。そのため、お客様にろ過装置の更新をご決断をいただいてからスピーディーにろ過装置を設置することができました。
     また、設置後もメーカーならではの保守メンテナンスプランもご用意しているため、安心してろ過装置をお使いいただけます。
     更新するならば、ヘアキャッチャーの清掃が楽にできるものが良いというお声があったため、ヘアキャッチャーを清掃しやすい位置にとりつけてろ過装置を設置いたしました。その結果、以前お使いいただいていたろ過装置と比べて毎日の清掃がしやすくなり、作業時間の短縮につながりました。
     

    ※ろ過装置は在庫されているモデル・されていないモデルがあります。

< 12 >
お問い合わせはお気軽に

お風呂設計.comをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
温浴施設やフィットネス施設への導入やメンテナンスのことなら、
「お風呂設計.com」にお任せください!

電話番号:0120-026-264
営業時間 9:00~17:00(土日祝日のぞく)
tel:0120-026-264
メールでのお問い合わせ
メールでの問い合わせ
pagetop